授業紹介 NEW!

小児看護学概論  ~おもちゃ作り~
 

 遊びは、子どもの健全な心とからだの成熟を促進する上で重要な意味を持ちます。そこで、小児看護学概論の授業で「おもちゃ作り」を個々の課題としています。子どもの成長・発達を踏まえ、乳幼児期の子どもが「安全に楽しく遊べるおもちゃ」を作成しました。また、作品に添付する資料には、①おもちゃの名前、②対象年齢と遊び方の特徴、③安全面の工夫を記載してもらいました。冬季休暇中に時間をかけて一生懸命作った学生の姿が浮かびます。ひとり一人の作品からは愛があふれ、教員としてうれしい限りです。
なお、山鹿クリニックからの通路に1月28日~2月14日まで10作品を展示しています。

 

      
               〇作品添付資料には、
                 ①おもちゃの名
                 ②対象年齢と遊び方の特徴
                 ③安全面の工夫
                  を記載してもらいました。

 

              
               〇多くの人に見て触って頂けて
                学生も作品もよろこんでいました。

 

租税教室を行いました

12月18日(水)3年生が租税についての講義を受けました。

講師は日本税理士会連合会の現職の税理士です。
内容は、税理士の使命、税の使い道、社会に果たす税の役割、国の歳入・歳出、我が国の財政などでした。また医療関連の内容として消費税引き上げに伴う診療報酬・薬価等改訂における対応についても講義していただきました。いずれの内容も表やグラフを多用した大変わかり易い講義でした。専門家から直接講義していただいて税についての理解が大変深まりました。

 

                    年金・医療、教育、警察・消防等に税が使われていることを
                    詳しく説明していただきました。

 

 

 

 

2019年度 火災避難訓練を行いました

11月18日に火災避難訓練を行いました。
本校では、
(1) 火災等非常災害発生時に迅速かつ安全に避難することができる。
(2) 非常時の心構えをつくり安全意識を高揚する。
(3) 災害発生時に各係が所定の役割を安全・的確に行える。
の3点を主目的に毎年秋に行っています。
今回の訓練は、1年生、2年生、教職員の合計82名が参加し、火災発生後、学生と教員が協力して初期消火を行うという想定で、避難・通報・点呼による人員確認を行いました。
その後竹田綜合病院施設課職員の指導の下、屋内消火栓及び消火器の使用方法の説明を受けました。
今日の訓練を忘れず、火災や地震への備えをしっかり行い、防災に対する意識向上に努めていきたいと思います。

 

        
竹田綜合病院 施設課職員より           前事務長にも
消火栓の使用方法の説明を受けています。      ご指導いただきました。
ありがとうございました。             ノリノリでした!!

 

 

授業紹介

 老年看護学 ~高齢者の食事を作りました❢~

 事例を用いた場面設定による学習をしました。学生は地域包括センターの実習中であり、架空のAさんと一緒に昼食をつくる場面です。Aさんは、1人暮らしの80代の女性であり、高血圧症、便秘症、膝関節症、歯のぐらつきがあり、食物を噛むと歯痛を感じます。また、食事中に時折むせりがあります。学生たちは、調味料の塩分を制限したり、腸の動きを促す食物繊維を選んだり、たんぱく質やカルシウムが摂取できる食材を選択していました。歯の痛みもできる限り抑えられるよう、柔らかく煮込むよう注意していました。
 彩りや栄養バランスのよい柔らかな料理ができました。ひとり暮らしのAさんが笑顔でおいしそうに食べる姿が思い浮かぶようでした。

 

       
僕の作った                   バナナを切ってヨーグルトに入れます!!
ハンバーグどうですか?             体にエネルギーを与え、
うまく焼けるかなぁ?              タンパク質、カルシウムも摂れて
                        栄養ばっちり!!

       
骨なし魚を焼いて                みんなで作って
食べやすさも考えました。            みんなで食べると
                        おいしいよね。

 

戴帽式祝賀会を行いました

 会津を中心に活動している劇団ぴ~ひゃららをお迎えし、朗読・落語朗読劇の上演がありました。
 つい先ほどまで戴帽式が執り行われ厳粛な雰囲気に包まれていた講堂が、劇団員によってあっという間に劇場へ様変わり。キャストはじめ、舞台演出・照明・音響・受付等スタッフが協力しあい、会場の学生たちと一つになって舞台が創りあげられていきます。
 看護師を目指す学生たちへのメッセージがたくさんつまった内容で、涙あり・笑いありのひと時となりました。  演劇も看護もチームプレーが大切ですね。

 

      
衣装こだわってます              ここは戴帽式の会場? 洞窟??
                       八五郎の運命やいかに!

 

      
二人だけの朗読会               劇団ぴ~ひゃららの皆さん

 

             

 

戴帽式を行いました

 11月16日に51回生の戴帽式を行いました。
 戴帽式とは、ナースキャップを戴く(いただく)式です。ナースキャップを廃止している臨床現場が増え戴帽式を行わない学校も少なくありませんが、本校では学生の希望に基づいて行っています。戴帽の儀を受け、ナイチンゲールのろうそくの灯によるキャンドルサービスを行いました。戴帽生は、博愛の精神の元にひとりひとりの命に向き合いたいと誓いの詞(ことば)を述べました。戴帽式を終え、看護師を目指す気持ちがよりいっそう高まりました。
51回生の皆さん、戴帽おめでとうございます。

 

        
3年生の先輩から                 キャンドルサービスは、
ナースキャップを戴きます。            とても厳かな雰囲気で行われました。

 

             
             学生が考えたデザインです。
             この中の1つが、しおりの表紙になりました。

 

校外研修へ行ってきました

 2年生33名が、10月31日から2泊3日で校外研修に行きました。
 初日は、八景島シーパラダイスに行きました。学生は、最前列で水をかぶりながらイルカショーを楽しんでいました。
 2日目は、グループ毎の自由行動です。事前に計画を立て、歌舞伎座や築地、中華街や原宿、明治神宮などに行きました。おいしいものを食べ、また見聞を広めることができました。
 3日目は、浅草周辺散策でした。この3日間、常に元気で親睦を深めることができました。

 

       
イルカショーを見て来ました。           ここはどこでしょう?
私たちはイルカが大好きです!           あのカチューシャ。どこかで見たような…

 

 

 

 

事例発表会を行いました

 10月3日(木)、4(金)で2日間に事例発表会を行いました。事例発表会では、3年生が臨地実習での体験を振り返り、抄録にまとめ、発表します。発表に向け、3年生は夏休みを返上し、担当教員の指導を受けながら抄録をまとめて来ました。
 発表会では、在校生、教員をはじめ、保護者や臨地実習でお世話になった指導者に参加していただきました。そして、活発な意見交換や講評により、さらに学びを深めることができました。

 

       

  緊張するけど                  普段より大きな声で
  がんばって発表しました。            発表できるように意識しました。

 

 

 

            
             2年生もしっかり発表を聞いています。

学習発表会を行いました

 10月2日、学習発表会を行いました。1年生は、“会津を知る”べく、郷土料理、ラーメン、酒文化、方言、新島八重や瓜生岩子の生涯、をテーマとしました。2年生は、実習での学びから、呼吸困難や嘔吐、認知力低下がある方へのかかわり、コミュニケーション、ボディイメージの変化への対応、覚醒を促す、清潔ケア、をテーマとしました。グループで意見を出し合い、発表の仕方も工夫しました。質疑応答も活発で、実りある発表会となりました。

 

      
八重の生涯から                 看護師と患者役になって
人として看護師として考えさせられました。    場面を再現しています。

 

                             先輩の発表、とても勉強になりました。