学習発表会を行いました

10月3日(月)、学習発表会を行いました。1年生・5グループ、2年生・5グループが、自分たちで選んだ興味のあるテーマについて掘り下げ、学び、発表する場です。保護者の方もお招きしてオープンな雰囲気です。発表だけでなく司会や進行も学生が行い、素晴らしい発表会となりました。                   学習発表会でのプログラムをご紹介します。

平成28年度「学習発表会」プログラム

8:40~8:45  開会のことば   進行 2年生

        オリエンテーション

8:45~9:45 1年生発表  進行 2年生

① 食べる順番ダイエット
② 多重介護と無届け老人ホームの現状と課題
③ 睡眠の効果 ~質の良い睡眠とは~
④ 色が私達に与える影響 ~赤 vs 青~
⑤  “みんな違ってみんないい ~私たちは Original Music~

9:45~10:10  質疑応答

10:30~11:30 2年生発表 進行 1年生

① 快適な睡眠のために
② 動物と看護 ~心のケアについて~
③ 会津で築き上げられた看護 ~日本のナイチンゲール~
④ やってみよう!リハビリメイク
⑤ 誰でもできる免疫療法

11:30~11:55  質疑応答 

11:55~12:00  講評

12:00      閉会のことば 

    

特別講演を行いました

9月30日(金)、全学生を対象に特別講演を行いました。
特別講演は、看護はもちろん、それ以外の様々な分野で活躍されている方の講演を通して、見識を広め豊かな人間性を育むことを目的として毎年1回開催しています。
今回は「言葉の大切さ・言葉の力」をテーマに「日本の大和言葉を美しく話す」の著者である 文筆家ことば研究家の高橋こうじ先生、いなわしろ民話の会の鈴木清孝先生、そして竹田綜合病院の災害派遣精神医療チームとして熊本の被災地で支援活動をされた板橋ひろみ先生と田口厚子先生をお招きして講演をしていただきました。演題は下記の通りです。

●ことば研究家 高橋こうじ 先生

  「贈り物の言葉」

  高橋先生には「うれしゅうございます」や「心待ちにする」など伝統的な言葉である大和言葉の数々、そしてその美しさを教えて頂きました。伝統的な美しい言葉を使うことは、コミュニケーションを取る相手への贈り物になるなど、言葉の大切さを学ぶことが出来ました。

    

 

●いなわしろ民話の会 会長 鈴木清孝 先生   

  「会津の語りから学ぶ ~ 会津に残される昔がたり ~」

 会津出身者でも知らない会津の地名の由来や、会津地方の面積にまつわるお話し、そして数ある会津の民話の中から5つの民話を温かみのある会津弁で語って頂きました。会津の良さを再認識するいい機会になったと思います。また、「故郷」を合唱した時のハーモニカはとても素敵でした。

    

 

●竹田綜合病院 災害派遣精神医療チーム

   板橋ひろみ 先生  田口厚子 先生

  「熊本地震での災害支援活動」

 熊本地震後にDPAT(災害派遣精神医療チーム)として被災地で支援活動をされてきた貴重な体験談を聞かせて頂きました。現地では様々な苦労があったそうですが、被災者の方と話しをする時に、熊本方言のパンフレットが役立ったというエピソードには驚きました。確かに「あとぜき」と扉に書いてあっても、どういう意味かわかりませんね。(「あとぜき」とは、「開けた扉やドアをきちんと閉める」という意味の熊本の方言です。)

    

オープンキャンパスを開催しました

 7月2日(土)と16日(土)にオープンキャンパスを開催しました。高校生と社会人、そしてその保護者の方が対象で、2日34名、16日79名の2日間合計113名の方々にご参加いただきました。会津地方から参加された方が大多数でしたが、県内各地の高校からもお出でいただき、参加された方の高校数は23校に上りました。ご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございました。                     

オープンキャンパス スケジュール                                   

 ■受付                                 
   学校玄関ではPepperくんが参加された皆さんをお出迎え
   しました

 ■開会のあいさつ

 ■必要経費・奨学金制度について

 

■看護体験
 みなさん、いろいろな体験をしていって下さいね!  

   血圧測定                 老人体験

    

   沐浴体験                  手洗い体験

    

   赤ちゃんだっこ体験            とろみ食体験

    

 

■学校案内
 ようこそ、私たちの学び舎へ

   第1教室                  図書室

     

 

■学校生活について ・ サークル活動の紹介 ・ ティータイム など

・2年生が授業や学校行事など学校生活についてスライドを使用して紹介しました。

     

 

・サークル活動の紹介では、ダンスサークルのメンバーがPepperくんとのコラボで「ペッパー警部」のダンスを披露し、続いて軽音部がGReeeeNの「キセキ」を歌い上げました。

    

 

・ティータイムでは学生達が参加された方々へ飲み物の給仕をしたり、同じテーブルに座って学校生活や勉強方法について意見交換をしています。また、会場内には個別相談用のブースも設け、教職員や学生が希望された方の質問や相談をお受けしました。
ティータイム中に、サプライズ的な演出で心肺蘇生のデモンストレーションも行っています。

    

 

 『 竹田看護専門学校のオープンキャンパスに 参加していただき、ありがとうございました!』

   

                                                以上

平成28年度校外研修を行いました

竹田看護専門学校のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
5月2日(月)に1年生から3年生までの学生と教職員全110名が校外研修に行ってきました。

朝8時半にバスで学校を出発し目的地の福島市へ。まずは「ヤクルト本社 福島工場」を見学し、昼食後に「フェルメールとレンブラント展」が開催されている福島県立美術館へ移動。なかなか観ることができない、世界的に有名な画家の絵画を鑑賞して来ました。

kougai16_01
kougai16_02

球技大会を行いました

竹田看護専門学校のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。  
4月30日(土)に鶴ヶ城体育館で球技大会を行いました。

学年対抗でバレーボール、ドッジボール、バスケットボール、借り物競争、ミニ絆リレー(多種目混合リレー)などの競技に汗を流しました。

総合成績は3年生が1位で1年時から3連覇を達成し、2年生も激しく競い合いましたが惜しくも2位となりました。

1年生は3位という結果でしたが、バレーボールでの頑張りやミニ絆リレーでの掛け声などチーム一丸となっている姿を見ることができ、より絆の深まった球技大会となりました(^▽^)

kyu16_01
kyu16_02
kyu16_03
kyu16_04
kyu16_05
kyu16_06

平成28年度 防災訓練を行いました

4月21日(木)に防災訓練を行いました。

震度6の地震が発生し、パニックで階段を踏み外しての転倒や、廊下に落下した蛍光灯のガラス片で学生が負傷するとの想定です。点呼により全員の安否・所在を確認後、講堂に移動。1年生と2年生の一部が負傷者役を担当し、3年生が「災害看護学」授業の演習として応急処置や搬送訓練を行いました。また仮設トイレの設置や非常備蓄品(水・乾パン・カイロ・保温シート)の配付も行っています。

訓練を終えて、初めて参加した1年生から「本格的な防災訓練なのでびっくりした」「2年生、3年生がテキパキと対応していてかっこよかった」などの感想が聞かれました。本校では、毎年、春に地震想定対応訓練、秋に火災避難訓練を行い防災に対する意識の向上に努めています。

bousai16_01
bousai16_02
bousai16_03
bousai16_04