授業紹介 NEW!

 老年看護学 ~高齢者の食事を作りました❢~

 事例を用いた場面設定による学習をしました。学生は地域包括センターの実習中であり、架空のAさんと一緒に昼食をつくる場面です。Aさんは、1人暮らしの80代の女性であり、高血圧症、便秘症、膝関節症、歯のぐらつきがあり、食物を噛むと歯痛を感じます。また、食事中に時折むせりがあります。学生たちは、調味料の塩分を制限したり、腸の動きを促す食物繊維を選んだり、たんぱく質やカルシウムが摂取できる食材を選択していました。歯の痛みもできる限り抑えられるよう、柔らかく煮込むよう注意していました。
 彩りや栄養バランスのよい柔らかな料理ができました。ひとり暮らしのAさんが笑顔でおいしそうに食べる姿が思い浮かぶようでした。

 

       
僕の作った                   バナナを切ってヨーグルトに入れます!!
ハンバーグどうですか?             体にエネルギーを与え、
うまく焼けるかなぁ?              タンパク質、カルシウムも摂れて
                        栄養ばっちり!!

       
骨なし魚を焼いて                みんなで作って
食べやすさも考えました。            みんなで食べると
                        おいしいよね。